バイオリンのビブラートのかけ方





美しいバイオリンのビブラートは誰でもが憧れますよね。

バイオリンの初心者の方は焦らず、まずある程度音程が取れるようになってから

始められるといいと思います。

でも、左指の関節を柔軟にする訓練はできるだけ早めに行ったほうがいいですね。

(左指の第1関節は全く力は入れなく、ただ腕からの振動を受け止めて柔軟に対応するといったかんじで、プランプランの状態が好ましいです)

 

動画ではポジション移動をする要領で指の第一関節を柔軟にする方法、原動力となる左ひじの動かし方をわかりやすく説明しました。

 

 

 

バイオリンを練習してある程度音程が定まってきて左指第一関節も柔軟になってきたら、本格的にビブラートの練習を行います。

腕のビブラート、手首のビブラートなどありますがご紹介しているのは腕からの振動を指先に伝える方法で楽器を人差し指の第3関節で支えておられるかたは、ある程度ネックから人差し指を離す必要があります。(接触している程度でいいです)

下記の動画は開放弦からすぐにビブラートをかけるためのトレーニング方法です。

慣れればネックを挟むという感覚はなくなってきます。

また、親指の方向でバイオリンを支えておられる方はこのトレーニングの必要はありません。